デザインによって個性が変わる名刺

名刺 デザイン

名刺 デザインについて

デザインによって個性が変わる名刺

名刺はそのデザインによって相手に与える印象も大きく変わってきます。
長方形の形のものが一般的ですが、最近ではより多様なデザインのものも作られています。
柔らかいイメージを出すために、カードの四隅が直角ではなく円状になっているものもあります。
名刺の持っている硬いイメージを和らげることができるので、こうしたタイプのものは女性などにも好まれています。
文字だけでなく顔写真が印刷されているような種類のものもあります。
名刺のデザインにおいて大切な要素となることの一つに、大きさがあります。
あまり大きすぎると相手が収納するのに不便になることがあるので、ケースに収納できるぐらいのサイズが採用されるのが一般的です。
日本で作られるもので最も一般的な大きさは縦が91ミリメートルで横が55メートルのものです。
縦と横の長さが反対になることもあります。
ヨーロッパやアメリカなどでよく使用されているサイズのものはこれより少し小さめになります。